fukushimadaiichigenshiryokuhatsudensho

いまだに続く福島第一原子力発電所をめぐる惨事から、アメリカはどんな教訓を得られるのだろうか。原発専門家や政治家、活動家らが10月8日(米国時間)、ニューヨーク市でシンポジウムを行なった。
デジタルアーカイブをつくり、ただネットに置いておくだけでは足りません。意義と活用方法を説明する活動を展開する必要があります。レクチャーを受け、活用方法をマスターしたユーザが、新たな「語り部」となっていきます。こうして、アーカイブを包むコミュニティが形成されていきます。私はこれを「記憶のコミュニティ」と呼んでいます。
福島県久之浜の沖合。ドンという音とともに、漁船「正栄丸」の甲板に多くの魚が水揚げされた。中にはカニや小型のサメも含まれているが、この魚介類は食卓に並ぶことはなく、放射能検査に送られる...
米ミシガン州南西部にあるパリセード原子力発電所は5月5日(現地時間)、作業員らが貯水槽からの水漏れを発見したため運転を停止した。この貯水槽では、過去1年以内に2度の水漏れを起こしているが、当局は差し迫った危険はないと述べている。
震災から2年が過ぎた2013年の3月11日(米国時間)、エニス氏は、救援活動に参加し、それ以降に健康問題が発生したという100人を超える兵士たちとともに、それらの健康問題は福島第一原子力発電所からの放射性降下物に関連があると主張する訴訟に加わった。