gaza

「夢の仕事でしたが、最終的には悪夢と化した」と述べて、降板を伝えている
3人の人質は、殺害された時にも「白旗」を掲げていたことがわかっている
パレスチナ・ガザ地区に派遣されていた国境なき医師団(MSF)の医師2人が、病院で攻撃に遭い死亡しました。ホワイトボードには痛切な思いが書き残されていました。
モデルが白い布で包まれたマネキンを抱えているものや、胸から上の部分が地面に転がっているところが写っていた。両腕のないマネキンもあった
イスラエルサッカー協会と契約を結んでいるプーマに対し、2018年からボイコット運動が起きていました
戦闘が2ヶ月を超えた今、紛争で苦しむ人たちのために何ができる? ガザに派遣されていた国境なき医師団(MSF)の医師やスタッフ、現地を取材した記者らが答えました。
パレスチナ・ガザ地区に派遣されていた国境なき医師団(MSF)の医師らが、ガザでの経験を語り、即時停戦と人質解放を求めました。
ガザの人々は今どのような状況に直面しているのか。戦闘が続く中でガザ入りした「国境なき医師団」の中嶋優子医師に聞いた
逃げ場を失ったパレスチナ・ガザ地区の人々は「どこに行けばいいのか」と尋ねているという