はだしのゲン

自分が「凡庸な悪人」かもしれないという自覚について