higaisha

ブラントさんの行動や判決に対して、さまざまな反応が寄せられている。
「家族に連帯責任を求めて犯罪を抑止しようという理論は、現実に成り立たないと思います」と訴えています。
日本では被害者の実名報道の議論が進む中、アメリカでは模倣犯を促しかねないとして、銃乱射事件の加害者の実名報道が再考されている。
今回の事件で、実態と違う『強姦神話』が報道、読者・視聴者側それぞれに広く根付いていると感じました。(被害者カウンセラーの周藤さん)
相模原の知的障害者施設で暮らす障害者を狙った殺傷事件で、神奈川県警は被害者の名前を公表しないとしています。しかし、今回公表しないことについて違和感を覚えます。
被害者たちの素顔を世の中に伝えたい。
世界中でおよそ3人に1人の女性が、生涯のうちに少なくとも一度は性的または肉体的な暴力を受けた経験を持つことが、世界保健機関(WHO)が6月20日に発表した調査報告(PDF)によって明らかになった。