hiyaketome

紫外線が強いのは5〜8月。それ以外の季節も、日頃から日焼け対策をすることが重要です。とはいえ、全身に日焼け止めを塗るのは面倒…という方におすすめなのが日焼け止めスプレー。今回は、実際に使用したレビューを含めながら、おすすめの日焼け止めスプレーや、日焼け止めスプレーの選び方、使い方のポイントを紹介します。
ハフコレ編集部
ジムや人のいる場所でスポーツする際は、マスクをつけるのがwithコロナ時代のマナー。通気性がよく、息苦しくない高機能のスポーツマスクが、アディダスなどのメーカーから発売されています。こだわりの日本製、おしゃれなデザインなど、アマゾンや楽天の通販ですぐ購入できるおすすめスポーツマスクを厳選しました。
ハフコレ編集部
この機会にぜひ、自分に合った日焼け止めの選び方や使い方をマスターしておきましょう。
日焼け止めの選び方から塗り残しやすい箇所までご紹介。
サンゴ礁に悪影響の恐れがある化学成分を禁止。製薬会社や皮膚科医団体などが反対を表明していた。
今夏、あなたたちが望むなら、どこにでも物を置きっぱなしにしてもいいわよ。半分しか飲んでいないスムージーはどうかって?問題ないわ。大丈夫。廊下にある靴下はどうかって?私が片付けるわ。台所の食器?どんどん来なさい。
冬の紫外線は、日焼けの原因となるUVBは少ないものの、シミ、しわ、たるみなど、肌の老化を起こすUVAを多く含んでいます。冬だからといって日焼け止めの使用回数や塗る量を減らすのは、お肌にとって危険な行為なのです。
目に見えない皮膚のシミまでも捉えることができる特殊なカメラで街を行く人々の顔を撮影すると、皮膚の奥に沈む「そばかす」を持つ人が何人もいた。