WORLD
2019年10月25日 16時08分 JST

香港デモを伝えた中国人記者を拘束と報道。問題視された記者の文章には、何が記録されていたのか

中国本土では共産党の検閲を受けたものを除き、香港デモについて報道することはできない。黄さんはこうした現状に批判を強めていた。

香港デモの様子を取材し発信していたフリージャーナリストの中国人女性が、警察に拘束されたとみられると、香港メディアが10月24日に報じた。

この記者は6月9日に行われた香港の大規模デモに参加し、その様子をネットで文章にして伝えていた。

NHKによると、この情報発信が原因で拘束されたという見方もある。彼女のブログには何が記されていたのか。内容を見ていく。

■#METOOを広めていた記者

香港メディア「サウス・チャイナ・モーニングポスト」によると、拘束されたとみられるのは中国・広東省を拠点に活動するフリージャーナリストの黄雪琴さん(ホァン・シュエチン/30歳)

Getty Images
黄雪琴さん

逮捕の容疑は「騒ぎを引き起こしたこと」とされ、10月17日から連絡が取れなくなっていた。

黄さんは中国で「#METOO」運動を広める活動を行なっている。一方でNHKによると、6月に自身が発表した香港デモに関する文章が原因となったという見方もある。

何が問題視されたのか。ネットに残されている実際の文章を読んでいく。

■“何をも恐れぬ湧き上がる魂を見た”

タイトルは「记录我的“反送中”大游行(私の“反送中”大規模デモを記録しよう)」。6月10日付で「Matters」に掲載されている。

内容は、前日の9日に香港で起きたデモに黄さんが実際に参加し、体験したことや感じたことを記したもの。当時は主催者発表で103万人がデモに参加していた。

黄さんはまず「集まった人の多さに驚かされた」とし、「実際の人数は知るところではないが、誰もが危機感を抱き、強力な行動力を持っている」と表現している。

デモの途中、雨が降ってきたが、傘の持っていない黄さんが濡れることはなかった。デモの参加者たちが皆、傘をさし「一目では見切れないほどの、青・黒・赤・黄色のカラフルな傘の海」が出来上がったからだ。

EPA=時事
6月9日のデモ

黄さんは傘が開くのを見て、2014年の雨傘運動に想いを馳せる。

行政長官を決める選挙の完全な民主化を求めた雨傘運動では、警官隊の催涙ガスなどを防ぐために用いられた傘が、デモのアイコンとして世界中に知られるようになったためだ。

黄さんは、今回のデモを機に、香港の人たちの政治への問題意識が再燃したと感じたようだ。デモを取材した感想をこのように綴った。

「雨傘運動で、香港の人たちは政治へのエネルギーを使い切り、後に残ったのは冷めた感情だけだと聞いた。絶望し香港を離れた人もいたし、戻ってきたとしても、もう政治には関わらないと心に誓っている。(略)だが、6月9日の人の海を見て、なぜ香港の人たちが政治に冷めていると言えるのか?少なくともこの日この夜、私は無数の何をも恐れぬ湧き上がる魂を見た」

黄さんは、この日香港で撮った写真や動画を中国のSNSでも発信したという。しかし、誰からも「いいね」がつかない。ここで「私は検閲にあっていたのだ」と気づく。

「幸福な監視国家・中国」(梶谷懐・高口康太/NHK出版)によると、中国ではSNS上で行われる検閲手法の一つに「不可視化」というやり方がある。本人からすると正常に投稿できたつもりでも、実はフォロワーたちの画面にはその投稿が表示されない、というものだ。アカウントが消されれば「検閲にあった!」とすぐにわかるが、「不可視化」では自分が標的になったことがなかなか分からないのも特徴だ。

黄さんは中国の友人について「香港で起きていることが全く知らされていない」と指摘。デモ隊を催涙ガスなどで鎮圧する警官隊に批判的な立場を取っている

「感情がジェットコースターのように激しく揺れたのも30年間の人生で初めてだ。前半は香港の人たちの美しさに感動し、後半は香港政府の無恥に憤っている。警察はどんどん粗暴になり、香港は真っ二つに割かれたかのようで、どんどん中国大陸の現状に似てきている」

香港のデモに関するニュースは、中国本土では共産党の検閲を受けたものを除いて報道することができない。
黄さんはこうした現状についても「無知と恐怖が作り上げられる」などと批判を強め、文章を終えている。

「この目で見て経験したものは、無知を装っていられないし、記録することを放棄してはいけない。暗闇の中で残された一筋の真実と光は、絶対に手放してはならない」

黄さんは文章の発表から2日後の6月12日、コメント欄で、この文章について警察に話を聞かれたことを明かしている。黄さんは「公権力が監視を受けなくなれば、好き放題に人権を侵害できるようになるだろう」と警鐘を鳴らしている。