iran

「結果で勇敢なイランの人たちを代表しなければならないのです」と述べていたイラン代表の選手たち。声を上げずに強いメッセージを発しました
「世界一汚い男性」と呼ばれていたイランのアモウ・ハジさんが、94歳で亡くなったと現地メディアなどが報じました。
ブレア・イマニさんはアメリカの公民権運動家ファニー・ルー・ヘイマーの「誰もが自由になるまでは、誰も自由ではない」という言葉を引用し、「私たちが何のために戦っているのかを見失うわけにはいかない」と述べています。
「世界を変え、自由のために闘っている勇敢なイランの女性や男性のために。私たちはあなたを支持します」
マフサ・アミニさんは、頭部をしっかり覆ってないとしてイランの道徳警察に逮捕され、死亡した。イランの女性を支援する抗議活動が、世界中に広がっている。
王氏は24日からの中東6カ国歴訪で関係諸国の取り込みを加速。米国の存在感が薄まる中東で、経済力をテコに影響力を強める狙いがある。
米国メディアなどによると、双方は中国がエネルギー分野や鉄道、高速通信規格5Gなどの整備に25年間で約4千億ドル(約44兆円)を投資する見返りに、イランが原油やガスを中国に低価格で供給する方向で協議していたという。
強気の対米姿勢を示すことで、「英雄」の殺害に憤る国民感情に配慮する思惑があるとみられる。
「ただの犯罪としてではなく、地球に腐敗を広める行為として罰を受けることになる」
米国とイランの全面衝突はいったん回避されたが、米関連施設を狙った攻撃が続いて米側に死傷者が出ることになれば、再び緊張が激化する恐れがある。