2020年、世界的に流行した新型コロナウイルスは、LGBTQコミュニティにも大きな影響を与えています。「東京レインボープライド」を始めとした各地のパレードはキャンセルや延期になり、仲間たちと会いに行っていた店も今や集まることができなくなりま
埼玉県・鳩山町でパートナーの畑を続ける女性は、結婚して家族として社会に承認されることが大きな権利であるという現実を突きつけられています
専門家は、LGBTQのアイデンティティと障がいが組み合わさるインターセクショナリティが、自殺などのリスクなどを高めている可能性があると指摘しています
フィンランドの企業が世界初の「男性用タンポン」を開発した、その理由は?製品への反響は?
アイリッシュさんは11月に掲載されたVarietyインタビューで「女性を愛している」と発言していた。
インタビューで「心から女性に惹かれている」と述べていました
「結婚の平等」については、当事者の68.6%が「法律で認めてほしい」と回答。10 代では 85.1%、20 代では 77.8%となった。
原告の母親は「娘たちを法律上見守ってください」と訴え、法律上同性のカップルの結婚が認めてほしいと求めました
性同一性障害特例法の手術要件について、当事者が「全てのトランスジェンダーが性自認によって差別されることない社会」に向けた法改正の必要性を訴えた。
生殖補助医療を受けられるのは法律上の夫婦に限定するーとしている新法のたたき台。当事者団体が、「精子提供の範囲について、出産をのぞむ全ての人に拡大すること」を要望した。
同性カップルの結婚は「別制度」で実現可能なのか。当事者は「平等に扱わない限り、社会は変わらない」と法廷で語った
性別変更に手術が必要とする「生殖不能要件」が違憲と判断されたことについて、LGBT法連合会は立法府に対し、「憲法に反する、制限的な規定は許されない」と表明した。
民主党のアンジー・クレイグ議員は下院議長の投票で「妻へ、結婚記念日おめでとう」と叫んだ
14日間連続で、LGBTQ当事者の中高生らのインタビュー動画を投稿するかずえちゃん。企画の背景には、ユーチューバーになろうと決めた原点がありました。
東京都が2022年度、「同性パートナーシップ制度」を導入します。同制度は全国で広がっており、全人口の約5割をカバーする見込みです。LGBTQの人が多く移住する東京での導入に、大きな意義があるとの声が上がっています。
日本最大級のLGBTQイベント「東京レインボープライド」のパレードが2022年4月、代々木公園で開催されます。2021,22年はコロナ禍でオンラインイベントのみの実施となっており、パレードは3年ぶりとなります。
「誰を愛するか、誰とともに生きていきたいか、それは自分の心が決めることです。人から強制されたり、努力したりすることで変えられるようなものではない」
LGBTQのイベント「東京レインボープライド」が、今年も開催されます。
トランスジェンダーで、東京レインボープライドの共同代表理事を務める杉山文野さんのエッセイが出版された。歌舞伎町のゴミ拾いのボランティアで出会って以来16年、杉山さんの歩みを見続けてきた手塚マキさんが、本書への思いをつづりました。
「恋愛話や性的な話というのは“誰もが共感する人類共通の話題”ではないという点や、誰にも惹かれないということは『感情がない』ということではないことを知ってほしい」
LGBTに差別的なドゥダ大統領への批判と、連帯の意を表明するパフォーマンスに「勇気づけられた」「希望を持ち続ける理由ができた」との声が寄せられました。
「時代はどんどんアップデートするから、新しい時代のフィルターで盛っていくべきだと思うの、うちらのライフ、人生は。私たちが生きてるのは過去でも未来でもなく、今なわけ。私たちが戦う、生きるべきフィールドはここなわけ」
私たちは当たり前に存在する。「#私たちはここにいる」ハッシュタグでコメントや写真が多数投稿されています
白石議員の発言は、事実に基づかない憶測や偏見で少数者をおとしめる極めて悪質なものだ。