2020年、世界的に流行した新型コロナウイルスは、LGBTQコミュニティにも大きな影響を与えています。「東京レインボープライド」を始めとした各地のパレードはキャンセルや延期になり、仲間たちと会いに行っていた店も今や集まることができなくなりま
ゲイだと伝えた後の「タブー期」を経て、恋人のことをオープンに話せるまでの道のり。
パートナーシップ宣誓スタートから5年。制度利用でも、法律婚と同じ扱いが広がりつつあります
「税金をマジョリティだけに使うとも受け取れる、恥ずべき考え方」と弁護士は批判しています
6月は「プライド月間」。東京レインボープライドの共同代表を務める杉山文野さんは、当事者として、そして元アスリートの経験から「LGBTに対する差別をなくすための法律が必要だ」と語りました。
Apple Watch用新作バンド「プライドエディション」にマッチする「プライド文字盤」を設定する方法をお伝えします。
同性パートナーの子供の、育児休職や出産祝い金などの制度が使えるようになります!
「美しさにはもっとたくさんの種類があることを、世の中に伝えられたら、もっと平和になるんじゃないかな」
息子の人生に、1人でも多くの人が関わって欲しい。背景には幼少期に感じた寂しさがありました
LGBTという「言葉」の認知は高まりつつあるものの、当事者を身近に感じている人は多くない現状。いまだ差別や偏見の残る職場で、ハラスメントの起きない環境を整備することは今後、“最低限”必要な施策だ。
「差別することなく助け合いたいと思ってもらえる家庭を作りたい」。2月に養育里親に認定された愛知の同性カップルが、気持ちを綴ってくれました
この結婚式を、孫たちにも語り継ぐことになると思うと語るカップル。忘れられない1日になりました
「恋愛話や性的な話というのは“誰もが共感する人類共通の話題”ではないという点や、誰にも惹かれないということは『感情がない』ということではないことを知ってほしい」
LGBTに差別的なドゥダ大統領への批判と、連帯の意を表明するパフォーマンスに「勇気づけられた」「希望を持ち続ける理由ができた」との声が寄せられました。
「時代はどんどんアップデートするから、新しい時代のフィルターで盛っていくべきだと思うの、うちらのライフ、人生は。私たちが生きてるのは過去でも未来でもなく、今なわけ。私たちが戦う、生きるべきフィールドはここなわけ」
私たちは当たり前に存在する。「#私たちはここにいる」ハッシュタグでコメントや写真が多数投稿されています
白石議員の発言は、事実に基づかない憶測や偏見で少数者をおとしめる極めて悪質なものだ。
私がこうして、私らしく毎日を過ごせているのは、新宿二丁目という街が存在したから。新宿二丁目が救ってくれたから。
もし、この街と出会えていなかったら、自分で自分を否定したままだったかもしれない。多くの有志が、動き出しました。あなたにも、必ず、できることがあります。
日本でも今、闘っている人たちがいます。映画『ジェンダー・マリアージュ』から日本での同性婚実現について考えるイベントが開かれました