jidorodo

世界では10人に1人の子どもが児童労働に従事している。チョコレート、砂糖、Tシャツ、コーヒー、たばこ…。身の回りにある商品が、児童労働によって支えられている可能性を想像したことがあるだろうか。
最近「エシカルチョコ」という言葉も耳にするようになりました。児童労働や格差、気候危機の影響などが問題視されるチョコレート産業。「これを買っておけば間違いなし!」と言い切れない難しさもありますが、ハフコレ編集部なりにおすすめのチョコを選んでみました。
ハフコレ編集部
山崎大祐副社長は「コンビニで買える100円のチョコではない。技を競い合う職人の世界のチョコでもない。ファッションの会社であるマザーハウスにしか作れないチョコを作りたい」と語ります。
バレンタインデーを彩るチョコレート。その裏側にある甘くない真実を知っていますか? チョコプラの長田さんと一緒に楽しく、真剣に考えます。
「誰ひとり取り残さない」世界を目指すSDGs。今、取り組まなくてはならないけれど、抽象的でわかりにくい面も。そこで毎月、季節の話題で「自分ごと化」できるライブ番組をつくります。
子供たちの間でそろばんの噂は広がり、今までNGOの活動に一切興味を示さなかった子たちが、親に頼んでそろばん教室に通うようになった。
レンガ工場では、7歳や8歳の女の子までもがレンガを手で運んでいたことが指摘されており、中には4歳の子どもまでもが含まれていたとも報じられている。
社会課題に取り組む活動というのは、選ばれし人々だけがやっていれば良いというものではないと思う。
「工場でまともに扱われていません」
2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅します。