jikan

矢野康治事務次官は「10万円の定額給付金のような形でお金をばらまいても、日本経済全体としては死蔵されるだけだ」と主張しました。
時間に対する感覚や考え方は国によって違う。グローバル社会において日本企業がさらに活躍するためには、相手の文化やしきたりも理解するべきだろう。
「なんとも、長い一日だった!!でも、素晴らしい旅だったな」
自分がこの世に在って欲しいと思う経済システムを作ってみることにしました。