kabonnyutoraru

世界的に脱炭素が求められる今、中東産油国が抱える「ジレンマ」について、専門家に聞いた。
トヨタ自動車は12月14日、電気自動車(EV)の販売台数などで新しい目標を発表しました。
アイルトン・セナ以来30年ぶりのワールドチャンピオンを獲得。有終の美を飾りました。
「GMV(流通総額)を遥かに超えたところに価値がある」。背景には、政府の締め付けも?
トヨタの長田准執行役員はEVについて「我々は決して劣っていない」と自信をみせました。
日本時間11月2日午前11時の時点で、世界中から127万超の署名が寄せられています。
衆院選を巡り、パタゴニアは「社会構造を大胆かつ公正に変化させようとするリーダーが必要です」と訴えています。
岸田内閣の発足を受け、日本自動車工業会の豊田章男会長がコメント。何を語ったのでしょうか?
菅首相が内閣総辞職で談話を発表。これまでの実績を強調しました。
「2050年脱炭素」に欠かせない太陽光パネルの生産過程で、ウイグル族など少数民族への人権侵害が指摘されている。アメリカは一部輸入禁止措置。国内に拠点を置く日本と中国のメーカー計7社に調達先を聞いた。
日本の学生ら9人がベトナムで計画されている石炭火力発電所建設「ブンアン2」をめぐり、三菱商事、みずほ・三井住友・三菱UFJのメガバンク3行と国際協力銀行に公開質問状。ビデオ通話や文書での回答を求めています。
「将来のカーボンニュートラル実現に集中し取り組んでいくために、今回、F1への参戦を終了するという判断をしました」
ティム・クックCEOも「2030年までには、アップルのビジネス全体がカーボンニュートラルになります」とツイート。
コスト面が懸念されるカーボンニュートラル。実際には、経営を妨げるものではなく役に立つものだ。