kaisan-sosenkyo

この三連休の話題はやはり解散総選挙についてが中心となりました。
党名に「ファーストは入らない」と若狭勝氏
4月29日に就任100日を迎えるトランプ政権について書くつもりでいたのだが、Brexitにかかわる思わぬニュースが飛び込んできた。
メイ首相は危険を冒しているのか?
「我々には総選挙が必要だ。そして、総選挙が今必要だ」
11月20日に自民党がNHKと民放テレビキー局各社に対して出した「要望書」は、与党がこの種のものを出すこと自体が前例がなく、しかも神経質なほど細部にわたるものでした。
街頭インタビューはニュース番組でも使われますが、ワイドショーなど情報番組で多用されます。特に「テレビ番組の週刊誌」的な存在であるワイドショーにおいては、どんなネタであっても「庶民の声」を拾い、「実感」を共有することでそのテーマに関する感じ方や考え方について視聴者同士が「そうだよね」とうなづき合うことができるのです。
師走の総選挙が終わり、投票率が52%前後と戦後最低を記録との見通しが報じられてますね。それに応じる形で、スウェーデンの投票率の高さについてTwitterでのバズが急増しています。
解散総選挙を強行した安倍首相率いる自民党が獲得した議席は、選挙前の議席295議席を下回る291議席だった。