kakuri

再び「白紙を申し入れるということで、撤回させるということで良いか」と出席者から確認されると、担当者は「おっしゃる通りです」と応じた。
隔離生活中のアイスホッケー選手・三浦優希さんが、帰国に際しての一連の流れや経験をTwitterにつづりました。
セルビアでは何百人もの障がいをもつ子どもたちが、施設で隔離・ネグレクトされており、知的・情緒的・身体的な発育不全の可能性に直面している。