kankyo

「私は今、変わっています」ーー。“ステーキ発言“から約2年、今何を思うのか?小泉進次郎氏に聞いた。
「食」の持続可能性をどう守るか。農林水産省が5月にまとめた「みどりの食料システム戦略」は、秋の国連サミットで提唱される予定です。
BMWが野心的な温暖化対策を打ち出した。今後10年で1000万台のEVを販売する計画だ。
温室効果ガスの削減、取締役への女性登用。そうしたESG施策をおろそかにする企業には、司法や環境団体から厳しい目が向けられています。
発表を受け、ネットでは「小さな変化だけどすごい」「SDGsを考えるならプラスチックの削減も大切」など反響を呼んでいます。
好評連載 第20回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
ミレニアル世代の二人が感じていること。「裕福度と幸福度は比例しない」(塩谷さん)「規模じゃなくて丁寧な価値を届けたい」(秋元さん)
温暖化は、人間だけでなく桜にとっても厳しい環境を与えることになりそうです。
スターバックスでは1年間に約70億個の使い捨てカップを使用、その多くは埋め立て地へ送られるという。韓国の店舗では2018年に世界で初めてプラスチック製ストローの使用を廃止。
移動は電車とタクシーで十分、と思う人も多いだろう。車離れが進むこの社会に、Hondaは最新技術と新しいサービスで応えていた。
SPONSORED BY 本田技研工業株式会社