kankyo

「インパクト志向金融宣言」に金融機関21社が署名。「宣言だけで終わりとするのではなく活動を通してインパクト投融資を発展、進化させていくためのプラットフォームとしていきたい」 (松原稔・りそなアセットマネジメント責任投資部長)
クロアシイタチは夜行性で非常に恥ずかしがり屋な性格。近くのコロニーから抜け出してきたといいます。
NHKの討論番組で、3人の新人議員に「NO YOUTH NO JAPAN」代表理事の能條桃子さん、政治学が専門の東京理科大学講師・松本朋子さんが問いかけた
市民参加型のサーキュラーエコノミーは、一歩進む心意気と仲間さえいればどんな地域でもできます。まずは身近な食という切り口から自分自身や周囲がどんな選択をすれば地域の最適な循環を生み出すかを考えてみませんか?
COP26の現場に入っている「Fridays For Future(FFF)Japan」のメンバーたちが、現地で出会った各国の若いアクティビストを直撃取材。日本へのメッセージを聞きました。
環境問題にも積極的に取り組んでいます。
環境問題に関する発信を続けるエマ・ワトソンは、ファッションでもその思いを示します。
「ゴミ」ではなく「資源」と考えると、見える世界が変わるかもしれない。毎日の生活の中で、私たちが環境のために今からできることとは?
PRESENTED BY 日本コカ・コーラ
「食」の持続可能性を議論する国連主催のサミットが開かれ、菅首相がビデオで参加しました。
バードストライクを防ぐため、鳥に優しいガラスの使用を義務付ける条例も。
「環境や社会に配慮したファッションを取り入れたいと思いますか」との問いに、15歳~19歳の74.4%が「そう思う」と回答。名古屋市の繊維専門商社「豊島」が15歳~49歳の1000人を対象に実施した、ファッションへの環境意識調査からわかった。
「気候正義」「カーボンプライシング」「パリ協定」...。気候危機を考えるうえで、知っておきたい用語をまとめました。
地球環境問題と人類の存続に関するアンケートの結果が公表されました。皆さんなら、現在の環境危機時刻は何時何分と答えますか?
台風の季節に「気候危機」と「気候正義」について考えます【ライブ配信】
「EVは一度乗ると良さがわかる」ワンペダル感覚で走れるEVの走り心地や、自宅で充電できる利便性によって、ヨーロッパではEVが爆発的に普及している。
PRESENTED BY 日産自動車
「私は今、変わっています」ーー。“ステーキ発言“から約2年、今何を思うのか?小泉進次郎氏に聞いた。
「食」の持続可能性をどう守るか。農林水産省が5月にまとめた「みどりの食料システム戦略」は、秋の国連サミットで提唱される予定です。
BMWが野心的な温暖化対策を打ち出した。今後10年で1000万台のEVを販売する計画だ。
温室効果ガスの削減、取締役への女性登用。そうしたESG施策をおろそかにする企業には、司法や環境団体から厳しい目が向けられています。