kankyo

米中は安全保障や人権問題で激しく対立しているが、声明では「気候危機に取り組むため、両国は互いに協力する」と記した。
国際環境NGOグリーンピースは、福島第一原発の処理水の海洋放出に対して非難している。
スターバックスでは1年間に約70億個の使い捨てカップを使用、その多くは埋め立て地へ送られるという。韓国の店舗では2018年に世界で初めてプラスチック製ストローの使用を廃止。
移動は電車とタクシーで十分、と思う人も多いだろう。車離れが進むこの社会に、Hondaは最新技術と新しいサービスで応えていた。
SPONSORED BY 本田技研工業株式会社
コモンズ投信株式会社取締役会長 渋澤健さんと、環境活動家の露木志奈さんがゲスト。資本主義の現在と未来について聞きました。
太陽住建が手掛ける体験型空き家活用事業「solar crew(ソーラー・クルー)」。約40年間放置されていたという空き家は、どうやって地域に馴染み、愛着を持たれる空間になっていくのか。
「もったいない」の精神を日本文化の美徳の一つとして捉え、世界の化粧品業界に日本から新しい試みを発信するのが狙いだ。
「誰ひとり取り残さない」世界を目指すSDGs。今、取り組まなくてはならないけれど、抽象的でわかりにくい面も。そこで毎月、季節の話題で「自分ごと化」できるライブ番組をつくります。
大量に作って売るファッション業界のサイクルについても踏み込んだ発言。「地球環境に対してかなり負荷を与えているので、それをできるだけ少なくしていく」
アパレル各社も、サステナビリティに関する取り組みを経営戦略として強化している。そして、それを可能にしているのはテクノロジーの力だ。