kasei

システムテストのための「記事」が、誤って配信されたようです。
探査ローバー「祝融」には、6つの科学測定機器が搭載されており、3か月を予定するミッションで生命の痕跡を探します。
人類が火星に降り立つという将来の目標に向け、大きな期待が寄せられます。
チャンスがある日に、双眼鏡で空を見上げてみてください。
ほとんどの微生物は成層圏環境下での6時間半の実験の間に死滅しました。しかし……。
火星に生命が存在した痕跡を探すための調査。その頃地球は、赤い祝福の光が灯された。
12月23日(水)~24日(木)にかけては、上弦を過ぎた月が火星に接近します。月に負けじと輝く火星との共演をお楽しみください。
相次ぐカリフォルニア州の山火事が街の様子を一変させている。
赤い惑星の成り立ちに関して多くの事実が判明するだろう。