keizaitaisaku

現金給付を巡っては、政策目的が明確ではないと指摘する声が上がっています。
政府は11月中旬にまとめる経済対策で現金給付を盛り込む見通しです。
給付金の支給遅れ、進まないオンライン授業への反省から、政府のデジタル化を進めることや、家庭環境の変化を受けた男性の育休義務化、などの提案も中間報告には含まれている。
リーマンショック時を大きく上回る、過去最大規模の経済対策である一方、残る問題とは?
自身がレギュラーを務めるTBS系「新・情報7DAYSニュースキャスター」で語った。
新型コロナウイルスの経済経済対策として現在、安倍政権が行おうとしている「現金支給」は膨大な無駄と排除を生むだけである。
「もっと他に今やるべき対策があるのでは?」など、疑問や批判の声が殺到している。
政府が消費税率引き上げに伴う景気腰折れを回避するため、取りまとめている経済対策の大枠が判明した。複数の政府筋が明らかにした。焦点の公共事業は防災や老朽化対策などに1兆円程度を計上、児童手当の拡充など家計支援を手厚くする。
消費増税決定後の次の一手を考えれば考える程、候補となる対象が浮かんで来る。しかしながら、際限がないので一旦ここまでとしたい。そして、勝手なお願いで恐縮だが、読者の皆さんには思考トレーニングも含めて続きを考えて戴きたい。