kishocho

震災後、気象庁が設定した「余震域」の内側で起きた最大震度5弱以上のすべての地震について、東日本大震災の余震として発表してきました。
黄砂が前回東京都内で観測されたのは2011年5月3日で、約10年ぶりの観測となった。
今後30年間で強い揺れに見舞われる確率を示した「地震動予測地図」の最新版が公表されました。日本国内で相対的に確率が低い地域でも、油断は禁物です。
都心でも積雪や大雪のおそれ。国交省と気象庁は、大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。
9日ごろにかけて日本の上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる見込み。太平洋側の平地でも積雪するおそれがあるという。
8日には強い勢力で大東島地方に接近する予想。9日以降は奄美地方や西日本、東日本では大雨となるおそれがあるという。
タンカーが流されて連絡橋に衝突し、空港へのアクセスが制限される事態に至った2018年の台風21号では、最大瞬間風速58.1メートルでした。
気象庁が定義する「猛烈な台風」以上の強さとされています。
「特別警報級の勢力に発達する恐れがある」とされる台風10号。上陸するまでに準備しておくべきことは?ポイントをまとめました。
台風10号は、過去に甚大な被害をもたらした台風に匹敵する勢力に近い。