kiyoharakazuhiro

「不安、絶望、微かな希望。これが今のぼくの全てです」と書かれた直筆メッセージも公開した。
これまでの人生を顧みながら、これからの生き方のヒントとなる学びを教示する番組という。
夏の全国高校野球大会の準決勝で8月22日、奈良の天理高校と対戦した広島・広陵高校の中村奨成選手が大会通算6本目のホームランを打ち、32年ぶりに新記録を達成した。
覚醒剤取締法違反の罪で有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、現役時代に「グリーニー」と呼ばれる興奮剤を使用していたことを告白した。
「息子に会いたいです」と涙を流す場面も。
アメリカでは、引退後にスポーツ選手が破たんすることは定番とも言える状況のようだ。
エースの藤村哲平投手は入学をあきらめた少年たちが多い中でも、過去の試合に強く憧れ、PL学園を選んだという。
「握手会で覚せい剤を手渡された」(田代まさし氏)
検察側は懲役2年6カ月を求刑、これに対して弁護側は保護観察付きの執行猶予付きの判決を求めている。
覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の初公判が5月17日、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれ、清原被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。