kohai

上の立場の人にも強みと弱みがある。「下の人たちのほうが詳しい」ということもたくさん目の当たりにしてきた。
重複した自家不和合性遺伝子が生殖隔離の仕組みに役割を果たしている可能性
ここは光と影を体験した場所。
教える側があり、教えられる側があるということは「立場が違う」ということです。「見えている景色が違う」とも言えるでしょう。
上手くなるとはどんなことだろうか?理想のゴールを考えてみよう。
あなたの職場には新人さんが増えましたか?「何度も教えているのに上手くならない」という「困ったちゃん」にどのように対処すべきなのか...
30代社員は、いってみれば「人材育成と業務の両立」と「教え方」に苦労しているのです。
新人や後輩に雑用を押しつけるような会社は、古臭い会社のように思われるかもしれません。しかし私はそれは合理的な組織がとる合理的な選択なのだと思います
後輩の育成において<個性の押し売り>はカタチを数多く変えてされている気がする。後輩の特性(個性の種)を生かした教育ではなく、自分が優位性を持っているものを基準とした良し悪しの判断だ。