kokujin

国歌斉唱での起立を拒否したコリン・キャパニック氏だけじゃない。声をあげたアスリートの闘いを振り返る。
若者らは、ニューヨーク市警の年間予算約60億ドルのうち10億ドルを削減し、教育や公営住宅修繕、ホームレス救済などに充てることを要求している。ニューヨーク市議会とビル・デブラシオ市長が来年度の市の予算をまとめる6月30日まで、占拠を続けるという。
2019年の報告では、マイクロソフト全従業員のうち黒人が占める割合は4.5%、黒人の幹部社員は2.7%とされています。
チームメイトとともに「正義がなければは平和はない」と声をあげました
肌の色などを理由に、幼少期や学生時代に感じた孤独や周囲からの心無い言動などをつづりました。
黒人女性ローザ・パークスさんのバス・ボイコット事件(1955年)から公民権法の成立(1964年)までは9年かかった。今回のBLM運動はわずか数週間で、根強かった黒人差別を取り巻く環境を大きく変えようとしている。
納付した保釈金は8000万円とみられる。黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に首を押さえつけられ亡くなった事件では、元警察官4人が起訴されている。
問題の動画への批判は、ついにアメリカの駐日大使にまで及んだ。
#Black Lives Matterの抗議活動の様子を見て、エルモは父に疑問を投げかけた。子どもから大人まで、全ての人に一度観てほしい。
「私たちが口を閉ざしてしまったならば、その日から私たちの人生は終わり始めるのです」 #Black Lives Matter の声が広がる今、考えたい。
市長は、両親がトルコからの出稼ぎ労働者であることで「市の恥」といわれるなど、激しい攻撃にショックを受けたという。
黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に首を押さえつけられ死亡した事件を受け、全米各地で抗議デモが起き、「Black Lives Matter」と訴える声が広がっている。一方で、トランプ大統領は強硬な姿勢を崩さない。深まる対立の背景を識者が分析した。
普段何気なくやりそうな行為が、黒人の人にとっては命の危険になりうる、とルールは伝えています
『スター・ウォーズ』シリーズに出演し、抗議デモに参加した俳優のジョン・ボイエガさんのスピーチが、多くの人々の心を惹きつけている。
正義のための大きなステップだ。フロイドさんの家族は決定を歓迎しています
「やり方を変えましょう!兄も、みなさんにこんなことをしてほしくないと思っているはずだ」
Twitterは「暴力を賛美する」ものだとして大統領のツイートを警告したが、Facebookは沈黙を貫いたままだ。
家族の求めによって実施された検視は、州検視局とは異なる結果になった