koreika

ALSや難病の人たちとの出会いから、私は「寝たきりの先にある世界」の豊かさに目を見開かれ、大きな勇気をもらってきた。そんなふうに「人間の無限の可能性」について気づかせてくれた人の一人に、天畠大輔さんがいる。
2016年まで続いた「一人っ子政策」の影響で少子高齢化が加速しているとされたが、0歳から14歳までの子どもの占める割合は増加したとした。
無意識の思い込み、偏見(アンコンシャス・バイアス)をめぐる連合の調査。ほとんどの人が自分の中にそれを持っている。大切なのは…
多死社会を迎え、どのように高齢者を看取っていくかという課題を抱える日本。対照的な価値観を持つ戦前世代と団塊世代の、「終末期」について考える。
曲名は「民Say!Rap!」。若者に人気のラッパー、晋平太さんが監修をしており、動画では民生委員の活動の様子も紹介されている。
台湾が外国人労働者の受け入れを加速させてるのが介護領域です。その数、20万人以上。
スキー場というのは、世界の人にとって「雪を楽しむ所」。でも、日本での対応は…
意外なことに「ハンガリーも同じだ」と言っていた。
高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。
中心となる担い手が自らも介護を要する可能性がある高齢者なのだ。
長寿時代を迎えたことは喜ばしいが、長い人生を全うする上で新たな問題も発生する。
どのように「死」を迎えるのかは、高齢期をどう生きるのかと表裏一体となり、長寿時代の人生の幸せな「逝き方」を考えることにつながる。
各国別の子どもの割合をみると、日本は最も低い水準にあり、世界一の高齢化国であると同時に、世界一の少子化国でもあるのだ。
50年後には人口が大幅に減少し、「働き手」が激減することは明らかだが、われわれはこの推計結果をどのように読み解くべきだろうか。