koreika

高野病院存続の危機に際し、高野院長の「美談」の背景にある被災地医療の構造的な問題を繰り返し指摘してきました。
団地内にある40軒近くの個人宅を開放し、その家庭で制作した作品や自慢のコレクション、ガーデニングなどを一斉に披露する催しである。
見通しが甘かったと言われればそれまでですが、まさか僕も30代で両親の看取りと空き家の問題にぶつかるとは思っていませんでした。
「介護の日」である11月11日、連合は、都内で「安心の介護保険制度の確立と介護人材の処遇改善実現を求める11・11市民集会」を開催。
公的年金制度改革では、負担増を迫られる若者と給付が削減される高齢者の対立という構図で議論されることが多いが、対立を緩和するカギは高齢者が働くことによって収入を得て自力で生活を支えることができるようにすることだ。
贈与税の非課税枠の新設・拡充、ジュニアNISAの開始など、国を挙げて高齢世帯から現役世帯への資産移転を進めてきた結果、実際に世代間の資産移転は進んだのだろうか。
都道府県別ではこの5年間に人口が増加したのは沖縄県、東京都、埼玉県、愛知県、神奈川県、福岡県、滋賀県、千葉県の8都県、残る39道府県では減少...
全国で空き家数は増加し、住宅総数に占める空き家率は上昇を続けています。しかし、自らが居住する都市や市区の空き家率をご存知の方は少ないのではないでしょうか。
私には、鳥越さんが残念なことになっていくプロセスが他人事とは思えない。
若者世代の参加は社会にどんな変革をもたらす?その一つの可能性は「シルバー民主主義」改善だ。