kuentin-tarantino

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の公開を控えて、タランティーノ監督とディカプリオが来日。詳細レポです。
タレントの矢口真里が21日、都内で行われたクエンティン・タランティーノ監督第8作目となる映画『ヘイトフル・エイト』(27日公開)のトークショーに出席した。
クエンティン・タランティーノ監督の映画『パルプ・フィクション』は、1994年10月14日にアメリカの映画館で公開された。製作を請け負った映画会社ミラマックスが、ディズニーに買収された直後にリリースされたこの映画は、ディズニー映画史上最も暴力的な作品と言えるかもしれない。しかし、公開から20年経った今でも人々を魅了し続ける魔力が、この映画にはある。