kyoikukakusa

僕にとって受験は、人生からの脱出ゲームだった。しかし、大学に入ってすぐに周囲との大きなギャップに気付いた。進学の意味づけ、ライフコースの解像度が、全然違う。自分にとって自由の始まりだった大学は、多くの人にとって整備された手順の一つだった。
9⽉⼊学制度は、リセットボタンにはなり得ない。我々は腹をくくって「⻑距離⾛」になることを覚悟し、今すぐにでも「学びを⽌めない⽅法」を模索し実験し続けるべきだ。
一見すると子育て世代にやさしい制度のようですが...
オランダでは、大学進学について悩むのは12歳です。
ふるさと納税が窮地に陥っているという。加熱する「謝礼競争」に歯止めをかけようと総務省が自粛を呼びかけたため、ふるさと納税が減っているそうだ。しかし常識的に考えても、税金の納付に高額の謝礼を出すというのはおかしな話である。
先日、話題の本『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティ氏が来日した。各地で講演会や討論会、テレビ出演、記者会見等を精力的にこなした。
女性の役員比率を4割に定める、という法律が検討されている場合、あなたは賛成ですか、反対ですか。
2013年、宮城県に医学部の新設が決まりました。どうして、東北に新設医学部なのでしょう。そこで、今回は医学部の地域差について考察してみます。
舛添要一・東京都知事が頑張っている。東京都のカジノ構想を「私にとって優先課題ではない」と切り捨てたが、多くの国民は拍手喝采だったのではなかろうか。