maguro

豊洲市場で1月5日、初セリがあった。過去には3億超えで落札したこともある「すしざんまい」の運営会社。過去の落札額を振り返ります。
通常の培養肉製造技術では「超えられない壁」がありました。
マグロのいけすの網を水揚げしてみると、ブリたちが100匹ほど紛れ込んでいたという。
地中海で約15憶円に及ぶ大西洋クロマグロの違法な流通の疑いが発覚しました。
2017年の大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)総会の開幕 に向けて
息のあった連携プレーと手を抜くところは手を抜く割り切りで、平日の夜も賑やかな食卓を囲もう。
WWFは太平洋クロマグロの商業漁業を一時停止することも必要であると訴えています。
きわめて不透明な状況にある、太平洋クロマグロの未来。これから始まる5日間の会合で何が合意されるのか、その展開が注目されます。
このマグロ資源の持続可能な利用に向けた「適切な管理」が今、世界的に求められており、そのための国際的な合意や決定が注目されています。
WWFは今回のIOTC会合の開始にあたり、マグロに関連したビジネスを手がける38の企業と共に、キハダの漁獲量を2014年比で20%削減するよう求めました。
東京・築地の中央卸売市場で1月5日朝、新春恒例の初競りが行われた。
インドネシアのバリで開催されていた、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次総会が2015年12月8日、閉幕しました。
WCPFCには、集魚装置が及ぼす影響について理解を深め、そのための研究を支援する措置を取ることが求められます。