maikeru-buraun

ミズーリ州の大陪審は、マイケル・ブラウンさんを射殺した白人警官に不起訴処分の決定を下した。以下に挙げるのは、抗議デモの状況を理解するための数字であると同時に、人々の失望の深さを象徴する数字でもある。
フィラデルフィアの元白人警官が、ミズーリ州ファーガソンの抗議者たちを支持していると述べた。警察がアメリカの大多数を権力で虐げているというメッセージを送るためだそうだ。
破壊や略奪はつきものだが、多くの人々が心底から怒っていることは間違いない。なぜか? 今回の事件には背景があったからだ。
アメリカ・ミズーリ州ファーガソンで黒人青年マイケル・ブラウンさんが射殺された事件について、アメリカ人の意見が大きく割れていることが、ハフポストUS版と調査会社YouGovが行った調査でわかった。
アメリカ・ミズーリ州ファーガソンで丸腰の黒人少年マイケル・ブラウンさん(18)を射殺した警察官ダレン・ウィルソン氏が11月25日、アメリカのテレビ局ABCのキャスター、ジョージ・ステファノプロス氏とのインタビューで初めて口を開いた。
マイケル・ブラウンさんが白人警察官ダレン・ウィルソン氏に射殺された事件で、ミズーリ州の大陪審が警察官を不起訴にする決定を下した。25日付けのアメリカ各紙朝刊は一斉に一面で不起訴の決定と、抗議デモが暴徒化した様子を伝えている。
8月、アメリカ・ミズーリ州で黒人少年が白人警官に射殺された。そして11月25日、射殺した警官の起訴を見送ることが大陪審で決定されたことを受け、事件の起きたファーガソンでは、住民が暴徒化している。現地入りした記者が、現地の様子を6秒動画で伝えている。
アメリカ・ミズーリ州ファーガソンで丸腰の黒人少年マイケル・ブラウンさん(18)が白人の警察官ダレン・ウィルソン氏に射殺された事件で、11月24日、ミズーリ州の大陪審はウィルソン氏の起訴を見送る決定を下した。
ミズーリ州のジェイ・ニクソン知事 (民主党) は11月17日、黒人少年マイケル・ブラウンさんがファーガソン郡警察の警官ダレン・ウィルソン氏に射殺された事件の大陪審の決定を前に、ミズーリ州に緊急事態を宣言し、州兵出動の行政命令に署名した。
アメリカ中西部ミズーリ州セントルイスで、白人の警察官が、18歳の黒人青年を射殺した。周辺では9日にかけて数百人規模の抗議デモが起きた。