miuraharuba

【加藤藍子のコレを推したい、第12回】『映画 太陽の子』。戦禍を生きた3人の「生」が眩しく輝くほどに、それを脅かす戦争の醜さが際立って迫ってくる。
映画やドラマ、舞台、音楽など多岐にわたって活躍した三浦春馬さんの映像や、授賞式の様子、未公開の写真などが公開されている。
日本では三浦春馬さん、小池徹平さんがダブル主演を務め、大ヒットを記録しました。
演出のサザーランド氏は「三浦春馬さんの訃報を受け、今も悲しみが消えません。彼をあれほどワクワクさせていた『イリュージョニスト』を必ず作り上げよう、と決心しています」とメッセージを寄せている。
作品に対してファンらが映像化を求め署名活動をしており、27日午後2時時点で約6万4000人超の署名が寄せられている。
【加藤藍子のコレを推したい、第1回】特殊な制作経緯から生まれてしまったメッセージ。「かっこ悪いのが素敵だよ。不完全なままで愛しいよ――。」
三浦さん主演の映画『天外者』の公開が決定。西川さんは訃報があった日、「なぁ、俺ら一緒に撮った映画どうすんだよ…」と投稿していた。
自死という事実それ自体がもたらした衝撃は大きいだろう。だがそれ以上に、過熱する報道や、そういう報道を欲しがる世の中の好奇の目が憎かった。それらは、彼や彼を愛する人たちの誇りを傷つけて余りあった。
清貧な主人公と浪費家の御曹司のラブコメディ。三浦さんは生前「2人の凸凹コンビが見ていてとても気持ちいい」と話している。
NHK「せかほし」のMCは、JUJUさんと三浦春馬さんが務めてきた。JUJUさんは引き続きMCを務める。
ブロードウェイサイドの厚意で実現へ。映像化を求める署名に3万7000人以上の賛同が集まっていた。その後、9月3日までに目標人数である5万人を超えた。
三浦春馬さんがドラァグクイーン役を務めたミュージカル、「キンキーブーツ」。映像化を求める声が広がっています。
出演予定だった三浦春馬さんの新曲MVが「特別に放送される」とレコード会社が報告しています。
NHK総合『シブヤノオト』に生出演でピアノ伴奏を披露した際には、演奏中には涙ぐむ一幕も。
ファンに向けては、後日お別れの会が開かれることが検討されているという。
「僕たちは何のメッセージを受け取れば良いのか、きのうからずっと考えてました」
所属事務所のアミューズが「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました」と正式発表した。
コメント欄には赤西仁さんも登場。英語で錦戸さんに質問し、ファンをざわつかせた。
好評を博したミュージカル『キンキーブーツ』主演後、挑戦するドラマ。「舞台での経験を映像でも生かしたい」
「今回は『美』を追究した」と答えたドラァグクイーンのローラ役の三浦春馬さん。すると、報道陣からザワザワと笑い声が起こった。