muhanmado

ISは機関誌のタイトルにこの町の名前を使ったり、人質の首を切る動画をこの地で撮影したりしてきた。
イスラム教では、死は、単なる体の機能の停止に留まる考えではありません。なぜなら...
テロ事件とその後広がった議論の中で、大きな疑問として呈されたのが言論・表現の自由はどこまで通用するのか、という問いであった。
デンマークの首都コペンハーゲンで2月14日、表現の自由をテーマにした集会の会場で男が銃を乱射し、出席していた男性1人が死亡、警察官3人が怪我をした。男は現場から逃走し、デンマークの警察が行方を追っている。
イスラームの創始者ムハンマドの風刺画をめぐって論争がつづいています。日本のメディアのあいだでも、「私はシャルリー」のカードを掲げて涙を流すムハンマドを描いた雑誌の表紙を掲載するかどうかで判断が分かれました。
フランスの週刊紙「シャルリ・エブド」が掲載したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を転載した本を、第三書館(東京都・新宿区)が出版する。
イランは「シャルリー・エブド」が掲載した預言者ムハンマドの風刺画が本当に気に入らないようだ。
ムハンマドの風刺画を掲載したフランスの出版社シャルリー・エブドがイスラーム原理主義の過激組織アルカーイダの指示を受けたテロリストによって襲撃され、雑誌編集長や警官を含む12名が死亡した事件は世界じゅうに衝撃を与えました。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの学生ダニエル・ウィッカムさんは、月曜、パリで行われたシャルリ・エブドの抗議活動中の世界の指導者達の団結を示したショーにだまされることはなかった。
「涙のムハンマド」は載せるべきか否か――。仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が14日、銃撃事件後初めて発売した特別号。その風刺画の掲載をめぐって、日本の新聞では判断が分かれた。各紙に取材した。