myujikaru

好評連載 第19回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
「人間が感動している時って、心に壁がない状態なんだと思います。強すぎるメッセージでも、その瞬間なら丁寧に届けることができる。心の真ん中にストンと置くことができると思うのです」
花總さんが主演を務めた東宝ミュージカル『エリザベート』と『マリー・アントワネット』から2曲をメドレーで歌唱する。
演出のサザーランド氏は「三浦春馬さんの訃報を受け、今も悲しみが消えません。彼をあれほどワクワクさせていた『イリュージョニスト』を必ず作り上げよう、と決心しています」とメッセージを寄せている。
三浦春馬さんがドラァグクイーン役を務めたミュージカル、「キンキーブーツ」。映像化を求める声が広がっています。
人種差別やいじめ、障がい、LGBTQなどが作品のテーマとして取り入れられた。
「自分の子供たちにも見せてあげたい」「『未来は自分で切り開くもの』というドクのセリフ、大人になってその意味を理解しました」などの声が寄せられているという。
新型コロナウイルスの感染拡大で休業中だった劇場などの再開に向けたガイドラインは、予想以上に厳しいものだった。
古川雄大さんがInstagramにピアノのレッスンを受ける様子を投稿。朝ドラ『エール』では、俳優業と音楽業で培われた豊かな表現力を発揮しています。
日本のミュージカルファンにとって、待望のプロジェクトが始まった。 ミュージカル俳優や歌手ら36人がミュージカル「レ・ミゼラブル」の劇中歌『民衆の歌』をリレー歌唱する動画が4月26日の夜、YouTubeで公開され、大きな反響を呼んでいる。 動