nachisu

当時の美術界では、メーヘレンの写実的な絵は全く評価されなかった。そこで彼はフェルメールを初めとした過去の人気画家の作風を真似して贋作を作り、評論家を騙して高値で売りつけていたという。この記事では、メーヘレンがフェルメールの名義で描いた全11点の絵をスライドショーで紹介しよう。
ネオナチ運動家と言われている45歳の男性が、バルセロナ動物園のライオンの囲いの柵を乗り越えて中に入り、大怪我を負った。
私たちは危険で恥ずべき時代に生きている。打開の道はどこにあるのか。差別に反対する行動には若い世代が増えている。
第二次世界大戦時の旧ドイツ軍の潜水艦、Uボート「U576」とニカラグア船籍の貨物船「ブルーフィールズ」が、ノースカロライナ沿岸から30マイル(約48キロ)離れた沖の海底で見つかった。
小渕優子経産相に続き、松島みどり法相も辞任した。鳴り物入りだった女性閣僚たちへの批判が相次いでいるが、海外メディアでは女性閣僚とネオナチ団体との関係や靖国神社参拝についての報道が続いている。ハフィントンポストでは、高市早苗総務相が推薦文を寄せた「ヒトラー選挙戦略」を入手。何が問題視されているのか、あらためてその内容を読んでみた。
ネオナチ団体の男性とツーショット写真を撮影していた問題で、高市早苗総務相は「率直に申し上げて、不可抗力であった」と述べた。
第二次大戦の集結から69年。ヨーロッパ戦線で、悲劇として伝えられるのが、ナチスドイツによるユダヤ人の迫害だ。その記憶を伝えるため、ポーランド外務省が、Flickrの公式アカウントで、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所の姿をモノクロ写真で伝えている。
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ政権下で迫害を受けていたユダヤ人6000人に、亡命するためのビザを発給した外交官、故・杉原千畝氏。その際に救われたユダヤ人女性が、感謝を込めて日本人に託した自らの顔写真の身元が判明した。
集団的自衛権の行使容認をめぐって、安倍首相が憲法解釈の変更を示唆したことが議論を呼んでいます。これは憲法9条改正につながるきわめてやっかいな問題ですが、できるだけシンプルに考えてみましょう。
ソチ・オリンピックで感じたのは、選手の活躍だけでなく、現地での応援や日本からの声援が、世界に誇れるほど成熟してきたことでした。メダルの獲得を超え て選手の健闘に感動し、称える国になったことはすばらしいことでした。
東京都内の公立図書館で「アンネの日記」や関連本のページが破られていることが、2月20日のハフィントンポストの取材で明らかになったが、これまでに被害は8つの区と市で少なくとも306冊に上り、警視庁が捜査本部を設置したことが分かった。
「アンネの日記」やその関連図書のページが大量に破られるという被害が昨年から今年にかけ、東京都内の公立図書館で相次いでいる。
ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝として有名な『我が闘争』。長年にわたり、ドイツ国内では「禁書」として扱われてきたが、同書の著作権が2015年で切れるのを前にして、今後の行方に注目が集まっている。日本でも、このように政治的理由によって、国が出版を認めない「禁書」はあるのだろうか。
スウェーデン南部の港町ヘルシンボリで発見されたクリスマスカードが、現地で話題になっている。1943年に、スウェーデン人の芸術家が反ナチズムをテーマに作成したもので、4人の天使がナチスの党章ハーケンクロイツをのこぎりで切断して、十字をつくろうとしている。上記に紹介するこのクリスマスカード、実はこの街の誇るべき歴史を象徴するものである。
ハンナ・アーレントの提唱した「悪の凡庸さ」は、20世紀の政治哲学を語るうえで大変重要なものです。人類史上でも類を見ない悪事は、それに見合う怪物が成したのではない、思考停止し己の義務を淡々とこなすだけの小役人的行動の帰結として起こったとするこの論考は、当時衝撃を持って受け止められました。
ハフィントンポスト各国版12月3日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、ドイツ版からお伝えします。ドイツでは、ナチスの後継を自認する「ドイツ国家民主党」の活動を禁止すべく、再び連邦憲法裁判所へ申し立てが行われます。
安倍首相は内閣法制局長官人事で現職の山本庸幸氏を退任させ、後任に小松一郎駐仏大使を起用する方針を固めた。8日にも閣議決定する…