nadeshikojapan

9月12日開幕。女性の活躍を牽引し、日本に女性プロスポーツを根付かせると、リーグの理念や設立意義で掲げている。
東京オリンピックでサッカー女子日本代表が7月27日夜、決勝トーナメント進出をかけ、最終チリ戦に臨む。
黒人差別への抗議の意思が込められたアクション。日本代表選手も連帯を示しました。
「将来、サッカーを辞めて男になって生きていきたい」。なでしこジャパンで活躍した横山久美選手がカミングアウトし、心境を語りました。
東京オリンピック・パラリンピックの開催自体が危ぶまれている。
組織委員会の森会長は「世界一となり、東日本大震災直後の日本国民に多くの勇気と希望を与えてくれた」と理由を説明した。
2011年以来のサッカー女子ワールドカップ優勝を目指していたなでしこジャパン。惜しくも敗退しました。
伸びしろを感じた選手をまず選びました(高倉麻子新監督)