nadeshikojapan

東京オリンピック・パラリンピックの開催自体が危ぶまれている。
組織委員会の森会長は「世界一となり、東日本大震災直後の日本国民に多くの勇気と希望を与えてくれた」と理由を説明した。
2011年以来のサッカー女子ワールドカップ優勝を目指していたなでしこジャパン。惜しくも敗退しました。
伸びしろを感じた選手をまず選びました(高倉麻子新監督)
サッカー女子のなでしこジャパンの佐々木則夫監督の後任について、日本サッカー協会は、現在、20歳以下の女子の代表を率いる高倉麻子監督を軸に調整を進めることが明らかになった。
サッカーそのものをあきらめず、強い意志をもって取り組んでいる、女子サッカーの選手たち。その意志は、空間を超え、時間を超え、未来のなでしこをめざし全国各地から中学生が集まるJFAアカデミー堺の少女たちにも引き継がれています。
PRESENTED BY スポーツ振興くじTOTO
サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のエースとして活躍した澤穂希選手が27日、現役最後の試合となる皇后杯全日本女子選手権決勝に臨み、INAC神戸を優勝へ導く決勝ゴールを決めた。
15歳で日本代表としてデビューしてから、20年以上も女子サッカー界を牽引してきたことを振り返りました。
サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の中心選手として、20年以上も活躍してきたINAC神戸の澤穂希選手が12月16日、現役を引退することを発表した。