nagaoka-hanabi

8月2日と3日19時20分から、「2022長岡まつり大花火大会」が開催されます。気になる視聴方法をまとめました。
長岡の夜空に白菊の花が咲いた。長岡市で恒例となっている花火に込められた思いとは。
太平洋戦争開戦の舞台となったアメリカのハワイ・真珠湾で、終戦から70年となる2015年の8月15日に、日本有数の花火である新潟県長岡市の花火が初めて打ち上げられる見通しになった。
夜空にきらめく不死鳥――2014年長岡まつり大花火大会の模様を、写真で捉えた。
日本三大花火の一つの「長岡まつり大花火大会」が2日、新潟県長岡市の信濃川河川敷で始まった。3日までの2日間で計2万発を打ち上げる。不死鳥の形が夜空を飾る「フェニックス」は2004年の新潟県中越地震の翌年スタートして10回目を迎え、例年の5割増の約2千発を上げた。