naikakufu

避難情報の運用が、5月20日から新しく変わりました。従来とどう違うのでしょうか?
「官民を問わず資料などで使われるイラストには、性別による固定的な役割分担に囚われたものがあった」
4人に1人の女性地方議員が、有権者や議員などから「性的または暴力的な言葉による嫌がらせ」を受けたと回答。内閣府が調査結果を公表した。
自民党の会合で示された第5次男女共同参画基本計画の最終案からは、第4次にあった「選択的夫婦別姓(氏)」の文言が削除された。
10月2日から4カ月はチャットでの相談も実施。「まずはつながって、情報を得ることが大事。ためらわずに電話して」
給付金の支給遅れ、進まないオンライン授業への反省から、政府のデジタル化を進めることや、家庭環境の変化を受けた男性の育休義務化、などの提案も中間報告には含まれている。
三権分立の矢印の方向が、内閣から国民に向いているが「逆なのでは?」と指摘する声が上がっている。検察庁法改正案をめぐり、“検察の私物化”と批判する声がTwitter上で高まる中で、注目が集まった。内閣広報室は「図は1998年から採用されている」と説明する。
モデル事業に選出されれば、上限3000万円の補助金が支給されます。
「世帯年収が高いほど、児童手当が『大人のお小遣い』に」 厚労省調査を訂正
「国政モニター」の“意見”として掲載している。
9月の実質賃金は前年比0.1%減少。4カ月連続でマイナスに。
安倍晋三首相がからむ「加計学園問題」は多くの疑問点を残したまま、6月18日の国会閉幕を迎えた。「総理のご意向」文書報道から始まったこの問題について整理した。
内閣府が「総理のご意向」「官邸の最高レベル」などとして、文科省に対し早期開学を促していたとされる文書をめぐり、文科省と内閣府の見解が食い違っていることを受けて、野党側は山本幸三地方創生相や、萩生田光一・官房副長官を追及した。
絶賛賛否両論のおとう飯キャンペーン。なぜ炎上したのか、炎上の内容はどうなのかについて一言物申します。