nanbyo

「しっかり体調を戻してから自分のできることをやっていきたい」
2014年にもメニエール病と診断され、約2カ月間、治療に専念していた。
生まれる前、娘はお空にいました。
『ウルヴス』のパフォーマンスでゴメスは正式にカムバックを果たした。
「僕はもう話せないかもしれない。だから毎日、ビデオダイアリーをつける。まだ見ぬ君へ。僕からの贈り物だ」
尊厳死を勧められていた赤ちゃんの両親が、治療を断念すると発表した。
「あなたの持つ不完全な部分は、そのそれぞれが…あなたの物語や、あなたが何者であるかを語るのです」
「一度も気にしたことはありません。若い頃を除けば」