nettosenkyo

ネットを活用し政治活動を行うブロガー議員4名の方にお越しいただき、座談会を開催しました。
安保法が成立しました。憲法や安全保障にかかわる重要な問題ですので、フェードアウトさせることなく、来年の参院選では必ず争点にしなければなりません。
自分では良い内容だと思ってても、相手はそうは思ってないことが多い。
去る4月12日、4月26日に、道府県及び市区町村で第18回統一地方選挙が行われました。 結果の速報値が公開されましたので、その数値から振り返ってみます。
過去3回の参議院比例代表選挙において、各政党はどれほどの得票率があったのか?についてグラフ化しました。都道府県別の各政党の得票率はどの程度だったのでしょうか?
今日の話題はそのLINEが春から本格的に打ち出したサービス「LINE@個人」についてです。
先の統一地方選挙で、ネット選挙解禁後、すべての選挙が一巡した形になりましたが、はたしてネット選挙ってどうだったんでしょうか...?
できるだけ有権者の皆様の近くで、皆様の顔を見て、お互いの目の奥の光や、握手で握った手の熱で「信頼」を積み上げていくのが本来の姿ではないかと思っています。
エストニアでは、15歳以上の国民全員に個人IDカードが配布され、カードの所持は国民の義務になっている。この個人IDカードは、公共サービスだけでなく、民間サービスでも、定期券、銀行カード、会員券などとして利用されている。
「障害者」を「障がい者」に書き換えるべきではないという熊谷俊人千葉市長のツイートが反響を呼んでいるという。