oizumihiroshi

頼朝の謀りごとで命を落とす上総介にネットも衝撃。脚本担当の三谷幸喜さんが語っていた“大河ドラマ”への思い。「史実無視とか荒唐無稽とか言われまくり」。でも...
司会者発表とともに注目された点。年末の風物詩も時代とともに変わってきています。
大泉さんがぼやきながらも企画にのる姿、見てみたい…!
7年ぶりの海外旅企画。「どうでしょう班4人だけの旅」は12年ぶりだという。
「台本を見る限りまた篠原さん演じる大前春子とやり合う事になりそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください」とアピールしている。
「ハナタレナックス EX」制作会見に、チームナックスがそろって登場。
信之には気の毒だが、彼の真剣な姿におかしみと愛しさを感じ、応援せずにはいられないのも、俳優・大泉洋の演技力あってこそ。
大泉が『真田丸』で演じているのは、“のるかそるか”が家風の真田家で、家のために真面目に尽くす、理想の長男である。
オリコンによると、ヒロインを演じた土屋太鳳らは放送を終えてコメントを発表した。