padinton

イギリス王室は、エリザベス女王の死去を受けて市民が供えた1000個以上のテディベアとパディントンの縫いぐるみを、子ども支援団体に寄贈すると発表しました。
パディントンが生まれたきっかけは、クリスマスイブに売れ残っていたぬいぐるみでした。
イギリスのキャメロン首相はきちんと国民に経済・財政状況を説明し、3年で財政赤字を約4割削減。将来を議論して付加価値税を引き上げた。
ディズニーが「くまのプーさん」の実写化を進めていることがわかった。「作品はGCなのか、それとも人形なのか?」などの質問に脚本家は「パディントンのような感じ」と回答した。