pinkuribon

球場でファンがつくる人文字は、選手を鼓舞するためだけのものではなかった。
乳がん体験者らが交流するイベント「RUN & WALK」が7月5日、東京で開かれる。イベントを中心的に進めてきた聖路加国際病院の山内英子医師に乳がん医療の現状などについて聞いた。
両方の乳房を切除する手術には、女性は気高き勇気を持って臨む。その手術に、勇気と「歓喜」で臨む女性がいるとは驚きだ。しかし、間違いなく、デボラ・コーハンさんは乳房切除のために手術室に向かう直前、それをやり遂げた。
何も考えず、「ただ検診を」という、マスメディアのコマーシャリズムにのっかった情緒的な検診啓蒙活動ではなく、科学的・論理的に正しい検診とは何か?、我々は何をすべきか?、をしっかりと冷静に議論し、実行していくようにしたいものです。