pojitibu

ビジネスの世界でよく「急な仕事は忙しい人に頼め」と言われる理由とは?
3つの幸せ過ぎる環境を噛みしめて、どう生きるかは結局私達次第なのだ。
活力のある組織の理想的なポジネガ比率は、6(ポジティブ):1(ネガティブ)とされている。つまり組織の問題点を議論しあったら、その6倍は職場の可能性について語り合う。そんなことをふつうにできる組織が望ましい、ということになる。
平日は仕事でバリバリ活躍し、かつ休日には子供との時間をしっかりと割くイクメンにスポットを当て、仕事と家庭を上手に両立する工夫や考え方を訊いてみた。
PRESENTED BY ボルタレン
ちょっとしたことでも火がついて情報が広がっていくネット界においては、私のように高い知名度を持っていなくても、うまく「バズらせる」ことができれば、自分の影響力以上に多くの人にブログやTwitterを見てもらうことが可能です。
「これを知る者は、これを好む者に如かず、これを好む者は、これを楽しむ者に如かず」という論語の教えを一言で表したものが、「知・好・楽」。
「感情」と「心臓」の関係性についての研究を行っているアメリカのハートマス財団の研究によると、「感謝の気持ち」といったポジティブな感情は脳や心拍リズムと同期していて、「コヒーレンス」と呼ばれる、心身共に規則的で安定している状態を生み出すことが分かりました。
ビッグデータのプラットフォームを握る事業者は、こういうことができてしまうんだなというのを、改めて教えられるニュースだった。
「カクテルパーティー効果」は人間関係の構築にも活用できると言われています。例えば相手との距離を縮めたい時など、会話の中でできるだけその人の名前を呼ぶだけでも、無意識のうちに相手の注意が向いて印象づけられるのだとか。
心理学に「ネガティビティ・バイアス(Negativity bias)という言葉があります。これは、ポジティブな情報よりもネガティブな情報の方に感心が向きやすく、記憶にも残りやすい人間の脳の傾向を指しています。
ギャラップ社は5月21日(現地時間)、「ポジティブな感情体験指数」について、各国の順位をまとめたレポートを発表した。
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究によると、Facebookにおける感情は友達から友達へとウィルスのように広がっていく。言い換えれば、友達の気分はあなたの気分を左右する。ポジティブにもネガティブにも。
一年間まったく困難に直面しないで過ごすことは不可能である。しかし多くの人たちは挫折にもかかわらず、前向きな見通しをもって2014年を迎えようとしている。ほぼ50%のアメリカ人は、新しい年において運勢が上向くと信じている。2014年はポジティブな一年になるだろうか?
自分を変えるには、どうすればよいのだろうか?!この10年間で、あきれるほど多くの研究をみてきたが、意外なことに大きなヒントになったのが、「イチロー」であった。