reipu

「性暴力と服装」めぐる固定概念は、いまなお根強いことがわかる。
「被害者非難」に対するアンチテーゼが込められている。
人口100人程度の小島で集団レイプか。警察当局が捜査。
元AV女優で、現在は写真家・画家として活動する大塚咲さんは不満を感じている。
インド最高裁判所は7月28日、おじからレイプ被害を受けて妊娠した女児(10)の中絶手術を認めない判断を示した。
パキスタンのある村の評議員10人以上が、16歳少女への「リベンジレイプ」を指示したとして逮捕された。
女性への性暴力が後を立たないインド。牛になった女性たちの写真は強力なメッセージを伝える。
タレントのジョン・カビラさんが21日、NHKの『あさイチ』に出演し、女性の性暴力被害について「抵抗すれば防げる」との視聴者からの意見に対して反論した。
圧倒的な力を持った者が「下」と見なした者に向ける最悪の卑劣な暴力。それが性犯罪なのである。
病院の声明によると、男性器は90%以上が切断されて不安定にぶら下がった状態だった。
「こんなことを言うのは恥ずかしいですが、殺されていた方がましだったと思います」
「火葬施設を刑務所に設置したと確信している」
4月はアメリカではSexual Assault Awareness Month(性暴力意識向上月間)。
レイプ被害によって妊娠した女性は子供を育てていくか、養子に出すかといった決定を、拘置中の加害者と交渉していく必要がある。
政府は3月7日、刑法の性犯罪規定部分の改正案を閣議決定した。今通常国会で審議入りする見込みである。