rekishi

2019年4月30日で終わる「平成」。あなたの心に残っている出来事は?
元社員5人の証言から「ポスト平成」の働きかたを考える。
背景には国家の公権力と、各々の職域で遂行される忖度との結託が…
北朝鮮問題については中国がリードしていけば米国は必ず妥協し、追随します。
「狩猟・採集民」ではなく「狩猟・栽培民」だったかもしれない。
歴史というレールの上にのせて経済を語っている点がこの本の大きな特徴だそうだ
「公文書は国家・国民の病状に対するカルテです」――自衛隊PKO日報問題、森友問題などから考える。
歴史学者の磯田道史さんは、「日本は、これまで避けてきた問題と向き合い、同時に歴史的な時間軸で物事を考えないといけない時代に突入した」と語る。その真意とは。
いま、日本人に必要なのは「深く考えること」だと磯田道史さんは語る。その真意とは。
時は19世紀。ゴールドラッシュの夢を支えるためにアメックスは生まれた。
PRESENTED BY アメリカン・エキスプレス
塹壕戦や出征する兵士たちの姿。白黒でしか知らなかった第一次世界大戦がカラー写真でよみがえる。
スラッピーと名付けられたフローズンドリンクは、今では世界的企業になったセブンイレブンの飛躍のきっかけになった飲み物として知られている。