rekishi

「論文の影響は計り知れない」と学術関係者が語るハーバード大ロースクールのラムザイヤー教授の論文。慰安婦をめぐる歴史的考察が間違っているとして、国際的に波紋を広げている。
「好景気は永遠には続かない」ことを知った人や企業は、お金を使うことに慎重になった。
団地から東京スカイツリーまで。日本のまちづくりから見えるものとは?
PRESENTED BY UR都市機構
写真内に映ったグレタさんそっくりな少女の姿に、ネットでは「グレタさんは2019年に時空移動して地球を救いに来た」説が飛び交っている。
史上5度目の焼失。沖縄出身の男性は「ようやく復元が終わったばかりで、本当に綺麗な城だったんです。もう見られないなんて…」とショックを語りました。
コロンビア大の歴史学者、キャロル・グラックの新刊『戦争の記憶』が、慰安婦問題とも絡み話題になっている。彼女は学生との対話を通して何を伝えようとしているのか?
壁があったのは1961年8月13日〜1989年11月9日までの10316日だった。