robato-kyanberu

異性だけでなく、同性同士でも結婚できる日を迎えるために私たちができること。
過激なアート作品を「二度見」する実験を200人近くの読者とやってみた
文学やアートは、たとえ誰かを傷つけたとしても問題提起していくべきなの?
キャンベルさんの新刊『井上陽水英訳詞集』はなぜ生まれたのか。そこにはどんな「新しい問い」が浮かび上がったのか。 ノンフィクションライターの石戸諭さんが聞きました。
「井上さんの詞はシニカルでブラックユーモアで斜に構えているんだけど、シニカルの先に人を肯定する。たわいもないことを大切に生きる事を肯定しているように思えるんです」
「私は目立つので、“杭”になっていきます。声をかけて」 ロバート キャンベルさんが対話を望む理由
「KAROSHI」が世界共通語になるほど深刻な日本の長時間労働問題。日本人の勤勉さが経済大国へと導いたが、時代は大きく変わっている。
暴言で知られるトランプ氏が米大統領選で勝利したことで、米社会の亀裂が深まることが心配されている。日本文学研究者のロバート・キャンベル東京大大学院教授に聞いた。