rojinhomu

「理念を語るだけでなく、身の丈にあった小さな一歩を踏み出す行動も大切」
職員の負担が少なく、利用者保護にも配慮したオンライン面会が可能に。
面会ができないことで、混乱していたり、悲しんでいる方も多いかもしれません。どのような対応が行われているのか、いくつかご紹介します。
アメリカで多くの老人ホームを訪れました。レクセラピストがいないホームを見たことはありません。
2011年3月の福島第一原子力発電所事故により全村避難を余儀なくされた川内村は、2012年1月「戻れる人から戻ろう」という遠藤村長の呼びかけのもと、避難を行った自治体の中で最も早く帰村宣言をしました。村民が川内村で生活できるためには医療・福
よく「老化」は病気ではないと言われるが、長寿による「老衰」は徐々に身体機能を低下させながら「死」に向かう自然のプロセスなのだろう。
介護施設を十軒以上見学するうちに、どういう点を重視するべきかが大体、わかってきた。良いホームを見きわめるための注意点を以下にまとめてみた。
福島県川内村では、避難先の介護施設で生活している村民のために、念願だった特別養護老人ホームを11月1日に開所することができました。
寂しさを癒し、温もりを与えてくれる、愛犬や愛猫の存在——。