rorumoderu

2019年、トランスジェンダーのコンテストに出場した畑島楓さん。「社会で生きていくためにはカミングアウトせざるを得なかった」と胸の内を語った。
地元の高校生・大学生と話していると、地方に住むLGBT当事者のロールモデルとして、あるアイドルグループの名前が挙がることがある。NSM=だ。
現在、多くの媒体で記事の執筆や連載を手がける河崎環さんは、学生結婚・出産をした後に、「お母さん」としてライターの仕事を開始した異例のキャリアの持ち主。
新しく目標設定する際に、様々な人の生き方を参考にするといいかもしれません。例え全く異なる分野の人であっても、必ず学ぶことがあります。
「グローバルで活躍できる経営者になりたい」のならば、早いタイミングで自分なりの「ゴール」と「戦い方」を考え、着実に実行に移していくことが重要です。
5年後、10年後、こんな人になりたい、こんなキャリアを目指したいと思える人が見つかれば、大きなモチベーションにもなります。
ロールモデルがいない、っていうのを言い訳にしちゃいけない。「自分のカタチ」「自分のスタイル」が見えてくるまでやり続ける。それに尽きる気がします。
PRESENTED BY エン・ジャパン