sateraitoofisu

小池知事は「これを機に大胆にテレワークを進めるべき」だと強調。「新しい日常の一つとしてぜひ活用していただきたい」と語った。
移動時間を削減するために7社合同のサテライトオフィスを作るという提案が高い評価を得た。
徳島県にクラウド名刺管理の《Sansan》が構えるサテライトオフィスで働く團洋一さん。田舎で働くとのんびり出来ると思ったけれども…意外な生活が待っていたという。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ハフィントンポスト日本版では1月28日、「地方創生、何が本当に必要なのか」をテーマにパネルディスカッションを行った。登壇したのは、地方再生や活性化を実践してきた、NPO法人グリーンバレー理事長の大南信也さん、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉さん、株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役の清水義次さん。これまでの失敗を繰り返さないためには、どうしたらよいのか。活発な議論を交わした。
神山町で最初にサテライトオフィスを開いたSansan株式会社でコネクタ/Eightエヴァンジェリストとして働かれている日比谷尚武さんにその狙いと苦労を聞きました。
グリーンバレーの歩みから生まれたサテライトオフィス、これから神山町がどのように未来を描くのかという点について、大南さんの講演からまとめたいと思います。
今まちづくりで注目されている地域があります。徳島県神山町です。人口わずか6019人(9月1日現在)、高齢化率は46%(2010年)を超える同町には、今"二つの異変"が起こっているそうです。
先日発表された2014年1月の地価公示では、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の全用途平均が6年ぶりに上昇に転じました。これに対して、地方圏は1993年から実に22年間も下落傾向が続いています。