satomasahisa

アメリカが北京オリンピック・パラリンピックの外交的ボイコットを正式に発表したことを受け、日本の政治家がTwitterでさまざまな意見を表明しています。
「私のあいさつは『服務の宣誓』ではなく、私自身の基本姿勢を述べたものだ」
「北朝鮮から日本の上空を飛び越えてグアムの方へ(ミサイルが)行く。そういう時、日本の自衛隊は本当に撃ち落とさなくていいのか」
稲田朋美防衛相が9月14日の参院外交防衛委員会で、国会議員バッジをつけずに答弁に臨み、委員長から注意される一幕があった。
民主党の小西洋之参院議員が、自衛隊員が「恐怖の使徒になる」と表現した記述をTwitterから削除していたことがわかった。
キーワードとなった「理事会室」。与野党の攻防が続いていました。
自民党が制作た安保法制の解説動画「教えて!ヒゲの隊長」を皮肉ったパロディ動画が、“本家”の再生回数を超えた。このパロディ動画について、佐藤正久議員もコメントしている。
安倍晋三首相は集団的自衛権の行使容認を柱とす平和安全法制について「合憲」との考えを強調した。どのような理屈で合憲としたのか。