seihigai

法務省の試案では「暴行・脅迫」要件が見直されたほか、時効の延長、性的行為を目的に子どもを手懐ける「グルーミング」を処罰する規定も盛り込まれた。
被害の実態に即した刑法に改正されるのか。法制審議会での議論が正念場を迎えている。
報告書では、女性の隊員らが同意なく体を触られる被害のほか、壁にポルノの掲示物を貼られる、性差別的なジョークを言われるーーといったハラスメントが確認されたとしている。
応援団員を狙った盗撮問題をめぐっては、高校野球の球場でもチア部員の被害が確認され、近年問題になっている。
コンスタンス・ウーさんは、自身が受けた性被害を「トラウマ的な経験」だと話した。番組やアジア系アメリカ人コミュニティなどへの影響を恐れ、当時は被害を公表できなかったと訴えている。
ENEOSホールディングスは「社長指揮の下で事実関係の調査を行い、元会長が不適切な言動に及んだと判断し、社長から辞任を求めました」と説明している。
「スパイス・ガールズ」のメラニー・チズムさんは、自身の性被害について「このことを話し、対処し、処理するのは私にとって本当に重要なことだと思っています」と語った。
「なんですぐ警察に行かないの?」「君にも問題があったんじゃない?」などと、否定する言葉はさらに相手を傷つけてしまう可能性があります。
香川照之さんは情報番組「THE TIME,」の冒頭で謝罪。「私自身、自らの行動をしっかりと深く反省し、自戒の念をきっちりと持って、改めてまた日々をつとめていきたいと思っています」などと述べた。