seikatsushukanbyo

今回は、多くの研究の成果をもとに、がんに結びつきやすい生活習慣の特徴について解説します。
「健康づくりって意外と手軽だし、気負ってやるほどのものじゃなくて充分」
聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんが、7月18日午前6時半、呼吸不全で死去した。105歳だった。
現状は、全て自分自身の思考と選択の結果です。自分の人生に責任を持ち、自分の幸せに責任を持ち、人間力を高めていきたいと思います。
カンボジアは未開の地ではありません。日本人も既に2000人以上住んでいます。
立ちっぱなしの仕事は『冷え性』になりやすいことは多くの人がご存知ですが、実は、デスクワークが中心の座りっぱなしの仕事に就いている人も、冷え性に悩む方が多いです。
東日本大震災から5年4ヶ月が経過した。福島県浜通りの住民は復興への努力を続けている。しかしながら、課題は山積だ。その一つが除染である。
こころの相談、メンタルヘルス・ケアの専門家から見たとき、身体面の健康チェックがあることはかなり重要であり、相談者にとっての自己把握や安心につながる。
従業員の健康増進に焦点を絞ると、社員食堂のレシピを改善し話題となっているのが、健康計量器の製造・販売を手掛けるタニタである。
今、日本では2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなっています。
ここ数年、医学研究の分野では、なぜかコーヒーに注目が集まっており、日本だけではなく、世界中の国々で、コーヒーと疾患との関連性を見出そうとする様々な研究が行われています。
生活習慣病というのがありますよね。
塩分摂取基準の引き下げ。他人事だと思っていませんか? いえいえ、若い世代もしっかりチェックすることが大切なのです。
体重を維持するには、日常の身体活動量を上げることが大切です。家事のような日々のちょっとした動きを意識することで、エネルギー消費量を上げることができます。
菓子や清涼飲料に使われている人工甘味料には血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果を、イスラエルの研究チームが科学誌ネイチャー電子版に発表した
ノンアルコール飲料の様々な効用を考えると、成人した人々が、食生活の改善を目指して、アルコール飲料の代替としてノンアルコール飲料を前向きに飲用することは、さらなる健康長寿社会の実現に繋がるのではないだろうか。
日本は国際的にみても「薬消費大国」であり、ジェネリック医薬品の占率も数量ベースで23%とOECD諸国平均の41%を大きく下回っている。
プルーンとは、乾燥させたすもものこと。野菜が完熟すると栄養価が高まるように、生のすももを乾燥させることで栄養価、さらには甘味も増します。
この4月1日より、薬局などでの自己採血検査が正式に認められることになった。自ら採取した検体について、診療の用に供さない生化学的検査を行う施設が新たなカテゴリーとして新設された。