ネパール議会は、月経中の女性を不浄な存在と見なして屋外の小屋に隔離する「チャウパディ」を犯罪として規制し、違反者に刑罰を課す法案を可決した。
女性労働者を取り巻く環境は大きく変化したが、重篤な月経痛や月経前症候群(PMS)に悩む女性たちは大勢いる。
ルワンダに住む少女によると、生理用品は貧しくて買えず、その代わり学校には生理用品が少し置いてあるそうです。でも、なんと先生が管理しているという...
韓国政府は10月から、低所得層の女性を対象にした生理ナプキン支給を補助することになった。
世界に目を向けると、使い捨ての生理用品を使っている人は1割程度。ウガンダでは、月経が始まった女の子の約11%が性差別やいじめが原因で学校を中途退学している。
PRESENTED BY プラン・ジャパン
世界中の女性たちが、健康面における女性特有の問題に直面している。HIV感染症/エイズ、マラリア、肺炎に感染したり、性的暴行などの問題に見舞われたりするリスクは、女性の方が高い。こうした問題の多くは対処が困難で、その土地の文化的慣習に深く根付いていることも多いため、改善には何十年もの年月を要する。しかし、改善できる問題もある。それも、驚くほどシンプルな方法で大きな成果をあげることができるのだ。